HOME学生・卒業生からの声 Student and Alumni Voices >Andrew Robbins(アメリカ出身), From U.S.A

Andrew Robbins(アメリカ出身), From U.S.A

Andrew Robbins(アメリカ出身), From U.S.A

卒業後のわたし


わたしは、初出勤はつしゅっきんの日に派手はで靴下くつしたのことで注意ちゅういけました。研修中けんしゅうちゅう、ある先輩せんぱいは「その靴下くつしたすこ派手はでじゃない?」といました。私はとし靴下くつしたて、「え?私の靴下ですか?」と言いました。たしかにそれはトナカイのがらすこあかるいかんじのものでしたが、ふゆらしく、私の地味じみひかなダークスーツにとても似合にあうとおもいました。

先輩せんぱい社員しゃいんマニュアルを指差ゆびさし言いました。「ここに、靴下くつした紺色こんいろ黒色くろいろしかみとめられないといてあります。」
そっか~
「そして毎日まいにちひげを綺麗きれいってないといけないです。」
それも??
私はこのようにして日本の会社かいしゃへと足をれました。
しかし、私たち日本語がはなせる外国人がいこくじんはある意味日本いみにほん特別とくべつ境遇(立場)きょうぐう(たちば)にあり、日本人があゆめない微妙びみょうみちあゆむことができます。
2週間目しゅうかんめわりには制服規則せいふくきそくわり、私は毎日まいにちスーツではなくセーターとズボンをていました。
社長しゃちょう大分前だいぶまえからその変更へんこうについてかんがええていたようで、わたし影響えいきょうあたえたかどうかは到底見当とうてい けんとうもつきませんが、事実、規則じじつ きそく変更へんこうされたのです。
しかし、それでもほか社員しゃいん自分じぶんふくえるのにはさらに2週間しゅうかんかかりました。
ここで、こころめておかないといけないのは、わたしたちは能力のうりょくはもちろん、変化へんかをもたらす主体しゅたいとして、また文化ぶんかはしとして必要ひつようとされやとわれるということです。

現在、私げんざい わたし東証1部上場とうしょういちぶじょうじょうのWDBホールディングスの海外事業開発室長かいがいじぎょうかいはつしつちょうをしています。
まだわずか数カ月すうかげつしかっておらず、いま仕事しごと要領ようりょうまなんでいますが、すでに文化的ぶんかてきにもビジネスてきにも大変多たいへん おおくのことまなびました。
稟議、根回りんぎ ねまわし、上下関係じょうげかんけいなどKJLSで勉強べんきょうしたものすべては、普通ふつうわたし日常にちじょう自然しぜん存在そんざいしています。

KJLSを卒業そつぎょうして最初さいしょ仕事しごと現在げんざい仕事しごととは大分違だいぶ ちがいます。
まぐまぐというわりちいさくて、2000年代初ねんだいはじめめのアメリカのドットコムっぽいメールマガジンを出版しゅっぱんする会社かいしゃはたらいていました。
スタッフは30人ぐらいで、とても保守的ほしゅてき何百人なんびゃくにんもいるWDBとは雲泥うんでい差です。(どちらも色々いろいろ事を<ことruby>吸収きゅうしゅうできる立派りっぱ会社かいしゃではあります。)
まぐまぐ本社ほんしゃで3年程ねんほどSEとしてはたらき、まぐまぐのアメリカの子会社こがいしゃのCTOになりました。アメリカへ長期出張ちょうきしゅっちょうしていると、日本にほん会社かいしゃはたいているアメリカ人のわたしはアイデンティティ意識いしきがとても複雑ふくざつになってきました。

もしKJLSの生徒せいとたちに助言じょげんがあるとすれば、こういます。
危険きけんおかして選択肢せんたくしさがひろげてください。
まぐまぐの仕事しごとつけたのは、たまたまみちでまぐまぐの社員しゃいん出会であったからでした。
WDBの仕事しごと英会話えいかいわはたらいていたとき生徒せいと紹介しょうかいされました。
わたし経験けいけんからも、日本にほんだけでなく、どこへっても機会きかいはたくさんあり、ただ一言発すひとこと はっるだけであたらしいみちひらけます。